オランジュのオーディションと緊張

オランジュの二次審査(オーディション)

オランジュの一期オーディションがスタート

 

 

 

オランジュのオーディションで書類審査に合格した後、いよいよ東京でオーディション審査員とオーディションになります。

 

二次審査(オーディション)では参加費用はかかりませんが、オーディション会場までの交通費は自己負担になります。

 

オーディション会場に着いたら受付でエントリーシートに必要事項を記入し、実技テスト、自己PR、質疑応答などが行われます。
服装や髪型は自由ですが、自分の魅力を最大限に発揮できるような容姿でオーディションを受けましょう。

 

 

オーディションで緊張したら?

 

オーディションでは緊張するのが普通です。何度もオーディションを受けている人でも毎回緊張するのがほとんどではないでしょうか

 

緊張しているのは自分だけではなく、周りの人も同じく緊張しています。

 

「緊張してるからうまくしゃべれないかもしれない」とネガティブになっていると本当にしゃべれなくなり、オーディション審査員に暗い印象を与えてしまうでしょう。

 

逆に緊張感を開き直って楽しめるようになればこっちのものです。

 

楽しいことや面白いことを考えて気分を前向きにし、それに緊張感が加わると脳がハイな状態になってくるはずです。

 

緊張にはとにかく明るいポジティブな気持ちを持ち続けることが大切です。

 

オランジュの二次審査(オーディション)と緊張

 

 

緊張は体を動かして和らげる

 

ポジティブなことを考えて精神的に緊張を和らげるのも大切ですが、もう一つ大切なのが肉体的に緊張を和らげることです。

 

おすすめなのがオーディションの待ち時間にできる顔のマッサージです。

 

緊張していれば顔もこわばりますよね。

 

口を大きく開けたり閉じたり口角を指であげたり、顔の筋肉を柔らかくしていきましょう。

 

最後は緊張を吹き飛ばすイメージで顔を自分でパンと叩いて気合を入れるのもいいのではないでしょうか。

 

 

オーディション本番のシミュレーションをしておく

 

一般面接でも大学受験でも行われている大切なことですが、当日に行われる受け答えのシミュレーションをしていきましょう。

 

どう質問されたらどう答えようか、自己PRで何を話そうか、これらはスラスラと言えるようになっておかないと当日は緊張もプラスされるのでしっかりと対策をしておきましょう。

 

自分の頭の中だけでシミュレーションするよりも、誰かにオーディション審査員役をやってもらう方が多少なりとも緊張感を感じられますし、より本番に近づけるのでおすすめです。

 

様々な質問をしてもらってそれに対応できるようになるまで練習すれば、オーディション本番でも対応できやすくなり緊張を和らげることにもつながってくるでしょう。
>>トップページへ戻る

 

 

 

オランジュのオーディション応募ページ